基礎基本|エラミカ

ダイエットエラミカ

エラミカはサイト制作者(Taka)の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエット方法の情報サイトです。

2018年4月時点で体脂肪率1桁を連続で31ヶ月間達成しています。詳細については「こちら」からどうぞ

ダイエットを成功に導くための身体作りとは?

本澤愛
もこちゃん
もこちゃん

リバウンドしないダイエットでは身体作りをするって言っても、身体作りってそもそも何ニャの?

※参照:そもそもリバウンドしないダイエットとは?

Taka
Taka

じゃぁ今回は身体作りについて説明していこうか。

詳しく知ることで、身体作りが必要な理由や、何をするのか?の理解が深まるよ。

ダイエットでリバウンドを防ぐには「身体作り」が必要です。

このページではダイエットと身体作りの違い、身体作りでやるべき内容、ダイエットで身体作りが必要になる理由について説明していきます。

ダイエットと身体作りの違い

Taka
Taka

両者の決定的な違いは目的です。

まずダイエットについては前ページ(そもそもリバウンドしないダイエットとは?)で触れたので、ここでは簡潔にまとます。

ダイエット(diet)とは?

体重を減らしたり、より健康になるために、ある特定の食べ物を食べる行為。

多くの人にとっては体重だけでなく、体脂肪を減らすことも目的となる。

一般的に「ダイエットを始める!」と言うと、体重や体脂肪を減らすことを指します。減量したい方が初めから「身体作りをする!」と言うのは、あまり聞かないはずです。

では身体作りとはどのようなものでしょうか? ここでは私の定義を述べます。

身体作りとは?

身体そのものを、より良い方向へ変化させること。ダイエットにおける体重や体脂肪の減量だけでなく、筋肉や脂肪の増量、姿勢や生活習慣の改善、といった目的も含まれる。

手段として運動促進や食事変更、生活リズムの改修などがある。

身体作りの本質は身体をより良い方向へ変化させることです。したがって肥満気味の方は減量が目的になりますし、痩せ気味の方は増量(脂肪も含む)、筋肉が少ない方やもっと欲しい方は筋肉増量が必要となります。

ダイエットしたい方は単に減量を目指すのでなく、身体作りを主体とすることで、結果として体重や体脂肪を減らすことが可能です。

ただしダイエットと違い身体作りでは、運動、食事、睡眠の改善など複数の要素を実践していく必要があります。

もこちゃん
もこちゃん

...運動もしなきゃいけニャい?

本澤 愛未
本澤 愛未

経験者の語るリバウンドしないダイエットのメリット」で私が話したように、ダイエットのメリットを享受するためにも、最低限の運動は必要ですよ。

身体作りでは複数の要素が必要

もこちゃん
もこちゃん

○○だけダイエットみたいに、お手軽な方法でリバウンドしないダイエット成功するのが理想ニャ!

Taka
Taka

たしかに単一の方法でずっと成功するのが、理想だと思うよ。

でもそれだとリバウンドしないダイエットは無理なんだよね...

「○○するだけダイエット」のように、簡単な方法を謳い文句にしているダイエットは山ほどあります。ところが身体作りとなると、そうはいきません。身体作りは基本的に

  1. 運動
  2. 食事
  3. 睡眠

これら3つの要素を実践&改善していく必要があります。1つだけ実践するのはダメです。

身体作りの基本3点は、必ずセットで行なってください!

もこちゃん
もこちゃん

めんどくさいニャ...ニャんで複数もやらなきゃいけニャいの?

Taka
Taka

リバウンドしないダイエットを成功させるためだよ。

たしかに複数の方法の組み合わせと実践は面倒だけど、色んな方法を取り入れるからこそ、身体作りが上手くいくんだ。

私たちが身体作りで変えていくのはヒトの体です。そしてヒトの体は膨大な細胞からできています(37兆や60兆という説)。

そもそも兆単位もある細胞の塊を、たかが1つの方法で減量したり、体脂肪を減らしたりと、コントロールできるわけがないのです。

またヒトゲノムの解析は2003年に終わっていますが、だからと言って生命体としてのすべてがわかっているわけではありません。

参考:ヒトゲノム計画

DNA二重螺旋

ヒトを含め、生命体には様々な事象が絡み合います。結果として身体が変化したり、世代を得て進化したりしますが、そもそも複雑怪奇な細胞群を自由にコントロールできると思ってはいけません。

単一の方法や簡単を謳うダイエットで失敗する理由は、ここにあります。

一方で複数の方法を採用する身体作りは、たしかに面倒です。しかし様々な方法にアプローチするからこそ、単一手法のダイエットより成果も出やすく、継続もできます。

  1. 相乗効果でより良い成果を狙う
  2. 今の方法に飽きたら、別の方法を試せばいい

身体作りの基本は運動、食事、睡眠の3つです。この時点で3つの方法にアプローチしています。

さらに運動や食事の内容も多岐に渡ります。

  • 有酸素運動(ジョギング、水泳、自転車、ウォーキングなど)
  • 無酸素運動(自重トレーニング、マシントレーニング、フリーウェイトなど)
  • 食事内容(バランスの良い食事、サプリメントなど)
  • 食事回数
  • 食べ方(食べる順番、咀嚼回数など)

身体作りでは色々な方法を組み合わせるので、単一の方法とは違い相乗効果も期待できます。

ところが成果が出たとしても、いくらダイエット(身体作り)では習慣化が大事と言っても、ヒトは毎日同じことを続けていれば飽きます。飽きて継続をやめてしまうと、予想通りリバウンドします。

単一の方法や簡単を謳うダイエットで失敗する理由は、ここにもあります。

一方で身体作りを行なう場合、いくらでも応用と変化が効くため、飽きる確率が格段に下がります。

  • ジョギングに飽きた → 水泳や自転車に変えてみよう。大事なのは有酸素運動をすることだからね。
  • 魚主体の食事に飽きた → タンパク質は肉と大豆で摂るか~
  • やっぱり野菜はそんなに好きじゃない → 食物繊維はサプリメントにしよう。
  • スポーツクラブのボクササイズは自分に合わない → 自分に合ったプログラムが一番!違うプログラムに参加してみよう。

身体作りは1つの方法にこだわらないため、今現在の自分に合った方法を取り入れることができます。だからこそ、飽きないないで続けることが可能なのです。

自分の肉体と精神を、思い通りにコントロールできると思ってはいけません。できないものは、できないのです。

不可能な事象に逆らうのではなく、現在の環境や自分自身に適した方法を選択する。そのため身体作りでは、複数の要素が必要なのです。

カジノ
1つの方法に執着してしまうと、勝ち続けることは不可能です。

最低限の運動が、人生の食事を潤わせる

もこちゃん
もこちゃん

...どうしても運動は必要ニャの?

Taka
Taka

最低限の、習慣化のための運動は必要だよ。

そもそも食事だけでダイエット成功しようと思っても、3大欲求の観点から不可能と断言できるからね。

「運動なしで痩せたい!」と思う方は多いはずです。TVや書籍、インターネットの多くで「運動なしでダイエット」「キツイ食事制限や運動なし」「○○だけで痩せる」といった情報や広告を目にすることから、「楽して痩せたい!」という潜在需要は多いのでしょう。

しかし実際にリバウンドしないダイエットを成功し続けている身からすると

Taka
Taka

最低限の、習慣化のための運動はやってください!

と言いたいです。

なぜなら、そもそもヒトの3大欲求の1つである食欲に極端な制限をかけて、長く続くわけがありません。食欲というのは、それだけ強い欲求なのです。したがって

  • 無理に食事量を減らす
  • 特定の食品やサプリメントを食べる

このような食欲をガマンするダイエットは続きません。誰だって「おいしい食べ物を食べたい」のです。

もこちゃん
もこちゃん

食欲があるのはネコもヒトも同じニャ!

本澤 愛未
本澤 愛未

人生を楽しむためにも、食事を楽しむことはとても大切ですよ。

※本澤トレーナーの食べっぷりは「本澤 愛未のトレーナーブログ」をご覧ください。

もちろん「人生を楽しむための食事!」と言って、過度に食べるのはダメです。

運動嫌いだからと言って、まったく運動しないで痩せようとするのもダメです。

リバウンドしないダイエットで実践することは、身体作りです。その身体作りには、運動も食事も必要になります。

両者のバランスをどう撮っていくのか? については、当カテゴリー(基礎基本)で具体的に解説していきます。1つずつ読み進めていってください。

なお個人的には食事よりも運動の方が、特に1日1分以内に完了する習慣化のための運動が、食事制限よりも長く続くと実感しております。

なぜなら運動は食欲と違い3大欲求に関係なく、さらに習慣化用のメニューなら現実的に無理なく継続できるからです。

この習慣化の実践についても「基礎基本」で詳しく解説していきます。

現段階では「リバウンドしないダイエット(身体作り)では、食事も運動も、最低限の改善は必要」ということを覚えておいてください。

運動と食事をする本澤愛未
身体作りでは運動も食事も大切です。どちらか一方に偏ることがないようにしましょう。

ダイエットを成功に導くための身体作りとは? のまとめ

  • 体重や体脂肪を減らすダイエットと身体作りでは、目的が異なります。しかしダイエット成功したい方が得られる成果は同じです。
  • 身体作りの本質は、身体をより良い方向へ変化させることです。
  • 身体作りの基本は「運動」「食事」「睡眠」の3つです。これらを改善していきます。
  • 身体作りの基本3点は、セットで行ないます。
  • 兆単位もあるヒトの細胞を、そもそも簡単にコントロールできると思わないでください。
  • 複数の身体作りの方法を取り入れたとしても、毎日同じものが続くと飽きます。それが人間です。
  • 飽きないために、継続するために、現在の環境や自分自身に適した方法を選択する。それが身体作りを長く続けるコツです。
  • 運動も食事も、最低限の改善は必要です。ここで言う最低限とは、習慣化のための実践のことです。
  • 食欲はヒトの3大欲求に含まれるほど強い欲求です。ここに過度な制限をかけると、ダイエットで失敗します。

身体作りでは運動と食事が大事と強調してきましたが、もちろん睡眠も必要です。

ただ、まったく寝ない人はいないので、このページでは運動と食事を身体作りのメインとして解説しました。

もこちゃん
もこちゃん

ダイエットでは身体作りをやる!と言われても、何から始めればいいのかわからニャい...

Taka
Taka

何事もいきなり手をつけるのではなく、先に全体像を把握しておくといいよ。

次のページでは「リバウンドしないダイエットの全体像」について解説します。

全体像を俯瞰することで、今現在の進捗状況も把握もできるし、迷わずダイエットを進めていくことができるようになります。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです

ツイート シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

次のページ:全体像を把握しよう~ダイエットでも進捗状況の確認は必須

前のページ:そもそもリバウンドしないダイエットとは?