基礎基本|エラミカ

ダイエットエラミカ

エラミカはサイト制作者(Taka)の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエット方法の情報サイトです。

2018年6月時点で体脂肪率1桁を連続で33ヶ月間達成しています。詳細については「こちら」からどうぞ

リバウンドしないダイエットでかかる費用

リバウンドしないダイエットでかかる費用

ダイエットではある程度のお金がかかります。支出を抑えることは可能ですが、ゼロにすることはできません。

このページではダイエットにかかる費用を、導入費用(イニシャルコスト)と維持費用(ランニングコスト)に分け、内訳と支出額について解説していきます。

導入費用(イニシャルコスト)

リバウンドしないダイエットで終始必要になるものが2つあります。

  1. 全身が見える鏡
  2. 体重計

これら2点は必ず用意してください。どちらも現状把握・進捗状況の確認に使います。

なお1.全身が見える鏡 については、洗面所やお風呂場にある鏡でも大丈夫です。必ずしも全身鏡である必要はありません。

※文面の都合上、以降は 全身が見える鏡 → 全身鏡 と表示します。

関連:全体像を把握しよう~ダイエットでも進捗状況の確認は必須

もこちゃん
もこちゃん

そんなに大事ニャの?

Taka
Taka

全身鏡も体重計も「現状把握、成果の可視化、目的の創造」に役立つからね。

さらに「日々の体型・体重確認」にも使用するよ。

全身鏡は現実の自分を両目で見るために使用します。

本澤愛未
本澤トレーナーの自撮り

  • 他人から見える自分の実像
  • ダイエット前後における見た目の変化
  • 気になる部位を見つけ、それを解消するための目的形成とモチベーションUP

全身鏡に写った自分の姿こそが、他人から見られる自身の見え方です。この現実をいかに改善していくのか? その現状把握を簡単に知る方法が、全身鏡を見ることです。

また全身鏡を眺めることで「自分の体で気になる部位」が見つかってしまいます。完璧なヒトの身体は存在しないため、誰にでも気になる部位は確実にあります。

たとえば私は男性なので「どれだけ腹筋が割れているのか?」とものすごく気にしています。しかし体重計に乗っただけでは、腹筋の成果の進捗状況は確認できません。必ず全身鏡を見る必要があります。

腹筋
鏡に写った途中成果を見ることで「もっと腹筋に割れ目をつけたいな!」と思い、身体作りのモチベーションが高まりました(実話)

ダイエットの目的は人それぞれです。しかし「もっと美しくなりたい・たくましくなりたい」といった欲望は、ほとんどの方に共通してあるはずです。

これらの望みを達成するためにも、全身鏡を活用してた目の現状把握・進捗状況を確認していってください。

体重計

体重計は「現実を数値で捉える」ために使用します。また体重や体脂肪率などの数値は絶対的な指標にもなります。

数値の変動を自分で見る・他人に見せることで

  • 具体的な数値として、どれだけの成果が出たのか?
  • 現在の数値を元にして、今後はどのような目標を立てればいいのか?

結果と次の目標を具体的に自分で決めたり、他者から的確なアドバイスをもらうことができます。

もし結果を数値で出していないと、たとえ良い結果を出したとしても「なんとなく良かった気がする!」となってしまい、次に繋がるものが得られません。だからこそ、自分の成果は必ず数値で把握してください。

私自身も「体組成測定(Inbody)」のページにて、数値で結果を示しています。

筋肉量31.6kg

7.5%
筋肉型スリム

また私だけでなく本澤トレーナーインタビュー

T:ちなみにエアロビクスを続けて、何か良かったことは有りましたか?

M:体重が5kgほど落ちました!プログラムを楽しむだけでも、これだけの効果があります。

参考:本澤愛未インストラクターにインタビュー!自分に合うプログラムの見極め方を教えてください!

やはり成果を数値で語っています。このように結果を数値で示すことは、客観的な事実を元にした説得材料になります。

もこちゃん
もこちゃん

どんな全身鏡や体重計を用意すればいいのかニャ?

Taka
Taka

すでに持っているなら、新しく買う必要もないよ。

まだ持っていなかったり、新しく用意したい場合は、以下のポイントを抑えた商品を選んでみてね。

全身鏡に関しては、普通に自分の全身が写ればOKです。値段と部屋のインテリアに合わせて選んでください。

もちろん、洗面所やお風呂場にある鏡でも大丈夫です。

また安いもので2千円程度から購入できますが、全身鏡は頻繁に買い換えるものでもありません。また電子部品を内蔵しているわけでもないので、壊れにくいものです。

したがって自身が気に入ったものを用意したり、そもそも新しく買わないのがベストでしょう。

体重計に関しては、体脂肪率の測定機能があるものを選んでください。それとできれば、BMIの測定機能がある体重計だと、なお良しです。

BMIとは?

ボディマス指数の略。身長と体重の関係から、肥満度を表す指数の1つ。

体脂肪率とBMIの測定機能がある体重計は、安くて3千円程度から購入できます。

体重・体組成計 フィットスキャン

ホワイト FS-400-WHタニタ
体重・体組成計 フィットスキャン ホワイト FS-400-WH

全身鏡体重計は合わせて購入すると、5千~2万円程度になるはずです。ご自身の予算と相談して、用意してください。

維持費用(ランニングコスト)

導入費用(イニシャルコスト)は現状把握・進捗状況の確認のために使う費用でしたが、ランニングコストは成果を出す・維持するために使います。

ランニングコストにはサプリメント代やスポーツクラブの会費などがありますが、基本的に結果を出せるなら、無くても問題ない支出です。また、お金をかけた分だけ、成果が保証されるものでもありません。

子どもを塾に入れたら100%成績が上がったり、受験で合格することはありえません。同様に、ダイエットもサプリメントを飲んだり、ジムに通うだけで100%成果が出るわけがありません。最終的には自分次第です。

ダイエットは辞めたらリバウンドします。しかも受験と違い終わりがありません。したがってランニングコストは必ずご自身の懐具合と相談して、支出額を調整してください。

もこちゃん
もこちゃん

ニャるほど...で、維持費用って具体的にはいくらぐらいかかるのかニャ?

Taka
Taka

支出額は気になるよね。ということで、私の月額の実例を3つ紹介するよ。

最低額

  • 食費

スポーツクラブを休会し、サプリメントや健康食品も買わなかったときの1ヶ月の支出は、食費のみです。その食費も、いつも通りの食事でしたので、特に追加で払ったものはありません。

リバウンドしないダイエットは、やろうと思えば食費の支出のみで完結可能です。ただしスポーツクラブやサプリメントといった外部の力を使えないので、どうしても効率は落ちます。

最多のパターン

  • 食費
  • サプリメント
  • スポーツクラブ会費

私にとって1番多い支出パターンです。普段の食費に加え、身体作りの場としてスポーツクラブに通い、サプリメント(プロテイン)を飲んでタンパク質の補給をしています。

DNSプロテインホエイ100

チョコレート風味1000g
DNSプロテインホエイ100チョコレート風味1000g

プロテイン代は月あたり2,000~3,000円です。運動量によって、プロテインを飲む量も変わります。

スポーツクラブの会費は、通うジムによって変動します。私が実際に通ったことのあるスポーツクラブ1ヶ月の会費は

  • 9,500円(プール付き)
  • 9,000円(プール無し)
  • 6,000円(夜20:30以降のみ)

概算で毎月 食費 + 1万円前後 の支出ですね。ただしお風呂はジムで入るため、家のガス代を節約できています。

高額パターン

  • 食費
  • サプリメント
  • スポーツクラブ会費
  • パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングとは?

スポーツトレーナーに1対1で指導してもらうトレーニングのこと。プロに直接個別に指導してもらえるため、効率が段違いに良い。

高額パターンでは最多のパターン(月あたり1万円)に、パーソナルトレーニングを加えています。またサプリメントも、プロテイン以外のビタミン剤などを摂取します。

大塚製薬 ネイチャーメイド

マルチビタミン&ミネラル200粒
大塚製薬 ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 200粒

パーソナルトレーニング代で6,000~9,000円、サプリメント代(プロテイン以外)で1,000~2,000円ほど使います。合わせた概算で1万円前後です。

最多のパターン(月あたり1万円)と高額での追加額(月あたり1万円)を合算して、高額パターンでは月あたり2万円ほどの支出となっています。

もこちゃん
もこちゃん

高額でも2万円...これって高いの?

Taka
Taka

あくまでも私の事例だからね。

たとえばパーソナルトレーニング専門のジムに行くと、20万や30万円以上かかることもあるので、かける金額は人によって青天井になるよ。

お金はかけようと思えば、無制限にかけることができます。それで成果が出て、体型を維持でき、支払いを続けることができるなら、特に問題はありません。

大事なのは自分の懐具合に合わせた、成果と支出のバランスです。ダイエットはとにかくお金をかければいい! というものでもありません。

「これの費用対効果は良いのか?」と思考錯誤しながら、お金のかけかたも最適化していく必要があります。

リバウンドしないダイエットでかかる費用 のまとめ

  • ダイエットにも導入費用(イニシャルコスト)と維持費用(ランニングコスト)があります。
  • イニシャルコストで使う全身鏡と体重計は、現状把握・進捗状況の確認に使います。
  • 全身鏡と体重計は持っていなければ必ず用意してください。
  • 全身鏡と体重計は合わせて購入すると、5千~2万円程度になるはずです。
  • ランニングコストは成果を出す・維持するために使います。ただしちゃんと結果を出せるなら、無くても問題ない支出です。
  • ランニングコストに食費は必ず含まれます。
  • ランニングコストは個人差が出ます。私の場合だと、毎月1万円前後の支出です。
  • ダイエットではお金をかけた分だけ、成果が保証されることはありません。
  • 自分の懐具合に合わせた成果と支出のバランスを心がけましょう。お金のかけかたに関しても、最適化していく必要があります。

全身鏡は普通に自分の全身が写ればOKです。値段と部屋のインテリアに合わせて選んでください。

体重計は体脂肪率の測定機能があるものを選んでください。それとできれば、BMIの測定機能がある体重計だと、なお良しです。

体重・体組成計 フィットスキャン

ホワイト FS-400-WHタニタ
体重・体組成計 フィットスキャン ホワイト FS-400-WH
もこちゃん
もこちゃん

体重計のところでBMIってあったけど、何に使うの?

Taka
Taka

目指すべき体型や、リバウンドしないための指標として使うんだよ。

基準値をしっかりと設けることで、現実的にリバウンドしない体型を把握することができるんだ。

ダイエットでどんなに素晴らしい目的を設定したとしても、そもそも初めから達成できない・無茶苦茶な目標を掲げてしまっては、成功するわけがありません。

次のページではBMIを活用して、ダイエットで成功するために・リバウンドしないために目指すべき体型について解説していきます。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです

ツイートシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る

次のページ:現実的にリバウンドを防ぐ体型と判断基準

前のページ:リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間