基礎基本|エラミカ

ダイエットエラミカ

エラミカはサイト制作者(Taka)の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエット方法の情報サイトです。

2018年5月時点で体脂肪率1桁を連続で32ヶ月間達成しています。詳細については「こちら」からどうぞ

リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間

リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間
もこちゃん
もこちゃん

リバウンドしないダイエットって、達成までにどれくらいの時間がかかるの?

Taka
Taka

このページでは「リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間」と「1日あたりの実践時間」について説明していくよ。

リバウンドしないダイエットを完成させるには、ある程度の時間が必要です。このページでは「リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間」と「1日あたりの実践時間」について説明していきます。

習慣化達成の目安は3ヶ月

もこちゃん
もこちゃん

そんニャにかかるの!?

Taka
Taka

どうしても時間はかかるよ。

良い意味でも悪い意味でも、習慣化って大変なんだ...

習慣化の達成は時間がかかります。そもそも「習慣」というものが、長い時間をかけて作られるものなので、こればっかりはどうしようもないです。

世界一の投資家で有名な Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)が好んだと言われる一節に以下のようなものがあります。

The chains of habit are too light to be felt until they are too heavy to be broken

拙訳:習慣という鎖は、初めは軽すぎて感じられないが、やがて重くなって壊せなくなる

引用元:Quote Indestigator

この言葉こそ、習慣化の本質と厄介さを表しています。良い意味でも悪い意味でも、習慣化というのは気がつかないうちにいつの間にか達成しており、一度身についた習慣は壊すことも難しいのです。

もこちゃん
もこちゃん

ダイエットの習慣化ができるか不安だニャ...

Taka
Taka

心配しなくても大丈夫。

バフェット氏の格言をうまく活用すると、良い意味の習慣も達成できるよ。

習慣化の達成は困難です。時間もかかります。そこで上手に習慣化を達成するために、先程のバフェット氏の格言を活用しましょう。

  • 初めは軽すぎて感じられない → 1日1分から始めて、長くても5分で終わらせる。

「習慣化の実践」は軽すぎるものにします。「こりゃ大変だ!」と感じない程度の時間で十分です。

事実、私自身も「腕立て伏せ5回!」など20秒もあれば終わるメニューから始めました。初めはそんな程度で十分ですし、現在も「今日は呑んだからストレッチ30秒でいいや!」という日があります。

「習慣化の実践」はハードルを飛び越えるのではなく、「ほんのちょっとだけ、前に踏み出す程度」の時間で足ります。そうでなければ続きません

「時間が短すぎて心配」と思うかもしれません。しかし先程の格言の通りに進めていくことで

  • やがて重くなって壊せなくなる → 小さくても丈夫な習慣の完成

このようにして良い意味での習慣を達成することができます。また格言後半の「やがて重くなって」の期間が、私の経験上3ヶ月(約100日)必要です。

100日も続ければ、確実に習慣となります。実践開始前は「長い!」と感じるかもしれませんが、実際にやってみるとあっという間に時間は過ぎます。

習慣化というのは「そういえばいつの間にか習慣になっていたな~」と思ったとき、すでに完成しています。そのために必要な期間の目安が「1日1~5分を3ヶ月」ということを覚えておいてください。

なお「リバウンドしないダイエットでは何を習慣にするのか?」については、習慣化達成のテクニックで解説していきます。

鎖
ウォーレン・バフェット:世界一の投資家。長期投資で莫大な資産を築いた超人。

成果を出すにも3ヶ月

もこちゃん
もこちゃん

まだ時間かかるの!?

Taka
Taka

生物の身体はそう簡単に変化しないからね。

さらに実践は「習慣化 → 習慣&成果」の順番で進めていくから、どうしても時間は必要なんだ...その代わり着実に結果を出せるよ!

「習慣化の実践」を完了したら、次は「習慣化の実践と成果を求める実践」の2種類を同時に進めていきます。2種類の実践を同時に行なう理由は、リバウンドを防ぐためです。

ダイエットは止めたら失敗です。当然ながら成果も出したいです。したがって無理なく継続し、成果もちゃんと出すためにも「継続用のメニュー」と「成果を出すためのメニュー」に分けて実践する必要があります。

※メニュー分割についても「習慣化達成のテクニック」で詳しく解説するので、今は時間について話を進めます。

また生命体には生体恒常性が働くため、体重・筋肉量・脂肪量などの増減には、どうしても時間がかかります。

生体恒常性とは?

生命体が、その内部や外部からの変化に関わらずある一定の状態に保たれている性質のこと。

身体が変化するためには、身体を構成する細胞が変化する必要があります。しかし細胞の収縮や膨張、分裂(細胞周期)にも時間がかかります。

細胞周期とは?

1つの細胞が分裂して、2つの娘細胞を生み出す過程と周期のこと。

ヒトが機械でなく有機生命体である以上、このような理由から「ダイエットを頑張ろう!」と張り切っても、成果が出るまでには時間が必要です。

また、生体恒常性によって身体は一定の状態を保とうとするので、身体を変化(特に減量)させるための「成果を求める実践」は、「習慣化の実践」よりも強度が上がります。

一例として「習慣化では1日1~5分だった実践を、成果のための実践では最低週1回30分はやってほしい」というのが出てきます。

以上から「習慣化の実践と成果を求める実践」で必要になる時間は

  • 毎日:1~5分(習慣)
  • 随時:1回あたり30分以上
  • 期間:3ヶ月~

先ほどの「習慣化達成」と合わせると、リバウンドしないダイエットで成果が見え始めるまでに約6ヶ月(半年)かかります。その後は「各自が納得する身体となるまで」身体作りを続けてください。

身体作りを継続し「自分が納得する身体」に到達したら、いよいよリバウンドしない状態(維持)の段階に入ります。

もこちゃん
もこちゃん

ニャが(長)すぎる...もっと早く結果を出したいニャ!

Taka
Taka

時間かかるのは最初だけだから、そこは長い目で見てほしいな。

その代わり成果が出始めたら、あとはその状態が長期間続くよ。

やろうと思えば「2.実践(習慣編)と実践(成果編)」からすぐに始めることもできます。が、おすすめはしません。あなたが

  • 運命的な結婚式がある
  • 今年の夏こそ意中の異性に海で水着を披露したい

などのような余程強い目的(関連:道標をセットしよう~ダイエット成功に目的は必須事項)があり、断固たる決意を持ってダイエットを進めていく自信がない限り、途中で投げ出してしまう確率が高いからです。

ダイエットでは早く成果を求めるよりも積小為大の精神で進めていった方が、結果としてリバウンドせず短期間で成果も出ます。

積小為大とは?

小さな努力の積み重ねが、やがて大きな結果に結びつくこと。小事を疎かにして、大事を為すことはできません。二宮尊徳(二宮金次郎)の言葉。

ダイエットは初めからリバウンドしない方法を続けていくことで、着実に成果が出ます。さらにその成果は長期間継続します。焦らず気長に取り組んでください。

二宮金次郎
二宮尊徳:江戸時代後期の思想家。

全四季で体型を維持しよう~1年間で仕上げ

「自分が納得する身体」まで到達したら、仕上げとして1年間、その状態を維持します。1年の理由はどの季節でも体型を保つためです。

  • 春の眠気
  • 夏の猛暑
  • 秋の食欲
  • 冬の寒冷

季節ごとにダイエットの障害は異なります。しかしバウンドしない身体を定着させるには、季節に関係無く体型を維持しなければなりません。

「自分が納得する身体」を1年間維持できたのなら、次の2年目以降も継続できます。「リバウンドしないダイエットに成功できた!」と自信を持って断言もできます。

ただし加齢による身体能力の劣化は、必ず想定してください。1日や1週間単位では大きな劣化もありませんが、月・年単位で見ると生物の身体は必ず劣化します。

良い意味でも悪い意味でも「変化は時間がかかって現れる」と覚えておいてください。

長期間の実践によるメリット

リバウンドしないダイエットは、結果としてかなりの時間が必要です。

  • 習慣化の達成:3ヶ月
  • 成果編も導入:3ヶ月~
  • 1年間の維持:1年

ダイエット開始から成果が出るまで最低半年、完成まで最低1年半は想定してください。

もこちゃん
もこちゃん

長すぎてやる気なくすニャ...

Taka
Taka

その代わり大きなメリットもあるよ。

先述したようにリバウンドしないダイエットは、長い時間が必要です。その代わりメリットもあります。

  1. 無理なく続けることができる。
  2. アクシデントに強い。

短期間での成果を初めから求めていないため、自分のペースで本当に無理なく続けることができます。これは「辞めたらリバウンドしてしまうダイエット」においての強みです。

また「怪我や風邪など突発的なアクシデント」にも対応可能ですし、体重がもとに戻る(リバウンドする)のにも時間がかかってくれます。

一生涯、100%順風満帆な人生を送ることができる人はいません。どこかのタイミングで、何らかのアクシデントはつきものです。

私自身、怪我もするし風邪もひきます。この間、身体作りを続けることはできません。

ところが先ほど説明した生体恒常性の意味(成果が出るまでには時間がかかる)が、「リバウンドしてしまい、ダイエット開始前の身体に戻るのにも時間がかかる」という意味に置き換わってくれます。すなわち時間を味方につけることができるのです。

長期間かかってしまうのは、決してデメリットではありません。たしかに最初の成果が見えるまでに時間が必要ですが、リバウンドを防いでくれる主柱にもなってくれます。

ロングタイム
ダイエットでは発想を逆転させ、時間を味方につけてください。

リバウンドしないダイエット完成までにかかる時間 のまとめ

必要になる大まかな期間は以下の通りです。

  • 習慣化の達成:3ヶ月(1日1~5分)
  • 成果編も導入:最低3ヶ月(最低でも週1回30分~)
  • 1年間の維持:1年

ダイエット開始から成果が出るまで最低半年、完成まで最低1年半は想定してください。ただし1日あたりに必要な時間は、たいしてかかりません。

トータルで見ると、リバウンドしないダイエットの完成にはかなり時間がかかります。しかし積小為大の精神で積み重ね、時間を味方につけることで、リバウンドを防ぐ要因にもなるメリットがあります。

もこちゃん
もこちゃん

ダイエットでこんなに時間がかかっちゃうと、お金もたくさんかかりそうで心配だニャ。

Taka
Taka

お金の問題は切実だからね。

じゃあ次は私自身の経験を元に「実際にリバウンドしないダイエットではいくら必要ないのか?」について解説していくよ。

ダイエットではお金がかかります。支出を抑えることは可能ですが、ゼロにすることはできません。

次のページでは私自身の経験から「実際にリバウンドしないダイエットでは、いくら掛かるのか?」について解説していきます。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです

ツイートシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る

次のページ:リバウンドしないダイエットでかかる費用

前のページ:全体像を把握しよう~ダイエットでも進捗状況の確認は必須